些細な異変にも気付かないといけない!ネットワーク監視の大変な部分

2017年5月27日

少しの変化も見逃さない事

ネットワーク監視の仕事をする時、ちょっとしたネットワークの異常が発生する場合も少なくないです。ここで見逃してしまうのではなく、どのような理由でちょっとしたネットワークの異常が発生しているのか冷静に見極めなくてはいけません。ちょっとした異常でも時間が経過するごとに深刻な事態に発展する恐れがあるからです。深刻な状態になると快適にネットワークを使用できなくなったり、悪質なハッカーなどに大切な情報などを盗み取られる可能性がある為、絶対に変化を見逃してはいけないです。その為、ネットワーク監視の仕事をする時は、ちょっとした変化を見逃さないように高い集中力を維持しながら、監視作業を行う事が求められてきます。

24時間監視作業を行うケースも多い

昔とは違っており、24時間ネットワークを使用するケースが多いです。そこでネットワーク監視の仕事をする際、24時間体制で仕事を行う事がほとんどです。一人が24時間監視するのではなく、同じエンジニアがシフト制でネットワーク監視を実施します。どの時間帯にネットワーク異常が発生しても柔軟に対応できるように体制を整える事が必要です。早朝や深夜という時間帯でもネットワーク監視を行っていき、異常が起きていないのか判断しなくてはいけないです。一般的に日中の方がネットワークトラブルが発生しやすく、迅速に対応しなくてはいけません。しかし早朝や深夜の時間帯でもネットワーク異常が発生しない訳ではない為、何時の時間帯でも高いモチベーションをもって、仕事する事が必要です。

コンフィグ管理とは、ネットワークに関連する機器の設定を一元管理するために生まれたツールのことをいいます。