ネットでの誹謗中傷された時のあなたがとるべき行動

2017年3月27日

ネット誹謗中傷された時の対処法とは

現代で深刻な問題とされているネット誹謗中傷。もしも巻き込まれてしまった時の対処法はいくつかあります。まず誹謗中傷の内容が法律に触れているか調べる必要があり、ある程度の知識がいる作業となっています。例えば社会的評価を下げるような具体的な文章が書かれていれば名誉毀損として訴えることができます。これは3年以下の懲役もしくわ50万円以下の罰金に処される重い罪となっています。もしも電話番号やメールアドレスがネット上で悪用した場合、これに当て嵌まります。このようにどういった内容の文章が法律に触れているか知っておくと巻き込まれた場合対処することができます。またどの掲示板サイトにも管理人がいます、書き込みを見つけた場合まず管理人に消去依頼を出しましょう。

逆に気を付けなければいけない書き込み

例えば学校や会社での愚痴を名指してしてしまった場合、軽い気持ちで書いた内容が誹謗中傷となり訴えられることもあります。それほど現代ではネットの掲示板を利用している方が多く、法律も厳しくなっています。一つの書き込みから大きくなっていくことがあり見ている人間が誰かわからないところが書き手の意識を下げてしまいます。誰も簡単に参加できる掲示板も誹謗中傷は犯罪になる場合があり逮捕になることもあります。芸能人の誹謗中傷のニュースが多いですが、これも同じような内容となっています。罰金などのお金で済まない場合もあり、懲役や拘留など拘束される重い刑を課せられる場合があります。書き込みサイトを頻繁に利用している方はもう1度意識を高めなおしてください。

サジェスト対策とは、特定のキーワードを調べる際に表示される関連語句をコントロールする、検索エンジン対策の一種です。