インターネット誹謗中傷に備える!それぞれが気をつける必要のある世の中で!

2017年3月26日

自由に情報発信が可能な世の中だからこそ

インターネットが発達とスマートフォンなどの便利な端末が普及してきている世の中においては、便利な生活を助けるツールとして多くの方が快適な生活を送る事ができています。ソーシャルネットワークサービスなどの便利なサービスも充実しており、個人でも情報発信する事が容易になり様々な利用方法で楽しむ事ができるでしょう。メリットも多くあるサービスですが、それとともに懸念されるのがインターネット誹謗中傷であり、個人が特定されにくい状況だからこそエスカレートしていく危険性もあるかもしれません。便利なサービスだからこそ、リスクを把握した上で便利な活用ができるように備えをしていく事も大切です。

誹謗中傷に備えるために

インターネット上での誹謗中傷はソーシャルネットワークサービスに限らず、様々な場所で行われます。そして拡散されていくと止める事ができないスピードで広まり、個人においても不都合な事態を招きかねないでしょう。そのような事態に陥らないためにも、普段から気をつけておく必要があり、一つは人を刺激するような情報発信を行わない事も大切です。人の意志は千差万別で、必ずしもこれが正解と言う事はないですが、インターネット上での発言においては感情的にならない事も大切でしょう。もしも、相手が喧嘩腰になっていても、その感情に流されない事も意識しておくと良いかもしれません。また、広まってしまった時を考慮して、ソーシャルネットワークサービスを活用する際にも匿名性を重視しておくと良いでしょう。

逆SEOとは検索エンジンの上位に出ないようにすることです。一度WEB上に出ると検索エンジンに表示されなくなるのは難しいので、上位に表示されないようにすることで解決を図ることです。